ウェアラブルデバイスの未来を担うAppleWatchがとるべき方向性とは


http://kigyo-ka.com/00088/

AppleWatchの反応をまとめた記事の続きで、
そのとるべき方向性と可能性について考察してみました。

まずiPhoneでほとんどが事足りていることを知る

なぜAppleWatchがここまで歓迎されないのか。
それはひとえに『iPhoneでなんでもできるから』に尽きます。

ノートPCが最も小さい端末だった頃、
スマートフォンは非常に歓迎されたことでしょう。
インターネットにつなぐことがなんと手のひらの上でできるのですから。
ノートPCは手軽に鞄から出して使うことができないという欠点を抱えていることが分かります。

それに対して、iPhoneに足りない点はあるのでしょうか?
iPhoneじゃあこれができないからAppleWatchが必要だ、というような分野はあまりないように感じます。
むしろ画面が小さくて動画が見れないとか、文字入力がタイピング出ないせいで遅いとか、ノートPCによって補う点である気がします。

AppleWatchはこの時点で『何に使うのかよく分からない存在』であるのです。

AppleWatchはデジタルデバイスではなく腕時計だ

先ほどの内容でiPhoneでだいたいが足りていることが分かりました。
AppleWatchはデジタルデバイスではなく、腕時計です。

もちろんどっちも兼ね備えたものではあるのですが、
時計としての役割が以前大きいということです。

なぜ腕時計などという時間を確認するだけのものがいまだに必要とされているのか考えてみましょう。
腕時計はファッションでありステータスなのです。
AppleWatchは腕時計というステータスを捨てて、AppleWatchというステータスを選ぶという選択をしてもらわなければいけません。

AppleWatchというものがスタイリッシュであり、従来の高級腕時計以上のものであるのが最低条件なのです。
通常の状態でのデザイン性に重きが置かれることは前提です。

デザインは当然としてその上で腕時計と差別化する

では、わざわざ高級腕時計ではなく、AppleWatchを選ぶ理由は何なんでしょうか。
それはAppleWatchがデジタルデバイスであるということです。

その機能性こそが、
『腕時計を捨て、AppleWatchを選ぶ』理由となるのです。
もちろん、ライン、インスタグラム、ツイッターがiPhoneをポケットから出さないでも確認ができるということではその理由にはなりえません。

時計ではできないことを、
iPhoneではなくAppleWatchで行うときに、やっとその意味が出てくるのです。

カギは10秒以内の動作にある

iPhoneでなく、AppleWatchで行う動作。
それは10秒以内での動作です。
そのくらいの短時間の動作であればiPhoneを出さなくても腕時計をイジるだけでできるという強みになります。

  • 車のキーとして使う
  • 家やホテルのキーとして使う
  • コードレスのイヤホンで、流れる音楽を選ぶことができる
  • 電車の改札やレジでの支払いがかざすだけ(もしくはワンタッチ)でできる

挙げるとするならばここらへんでしょうか。
改札などは、これが可能になれば定期券を持ち歩く必要もなくなります。
キーを一括で統一できればなくす心配もなくなります。
AppleWatchの場所はiPhoneから分かるようにすればなくすことはありません。

お財布ケータイをiPhoneに導入しなかったのはこのAppleWatchのためなのかなとも思えます。
iPhoneを出さなくてもこれができるのです。

車を腕時計でピッてやって開場したらかっこよくないですか?
キーという概念そのものがAppleWatchで代替されるかもしれません。
そんなスマートさがAppleWatchに求められていることではないでしょうか。

可能性は無限にある

上記に挙げたように、
AppleWatchがあれば今までの手間(キーを管理するとか取り出すなど)がなくなります。
家のスイッチなどもAppleWatchに集約されます。

そうした一瞬の動作を腕時計でできてしまう、
そんなスマートな次世代の生活がAppleWatchに期待として込められていることでしょう。

また、それが画面をタッチするのではなく、
腕をかざすなどのジェスチャーでできるようにもなるのではないでしょうか。

AppleWatchはそんな可能性を秘めています。
ただし、あと5年ほどはかかるのではないでしょうか。