人間は機械に管理される?


ある衝撃的な予測が世界を驚かした。
機械が人間を管理する時代はそう遠くないはずだ

ウェアラブルデバイスに人は管理される?

ある衝撃的なニュースがあった。
ウェアラブルデバイスの出現によって人は全ての行動を機械に管理されるというのだ。
小さなブレスレットのようなデバイスを腕に装着して日々の生活を行う。すると、その人が1日何キロ歩いたか、どれだけの運動量だったかという情報はもちろんのこと、どこで何をしているかはどこでも把握できるようになる。
この技術自体はスマートフォンでできるものである。しかし、ウェアラブルデバイスの利点は持ち運ぶ必要がないレベルにまで小型化してデバイスをある一定の機関が管理できるということである。

もちろんスマートフォンのデータを会社などが抜きだしたら問題になることは間違いないが、会社の支給のウェアラブルデバイスの着用を義務付けたら結果はどうだろう。十分に考えられうる時代であることは否めない。便利すぎる機器がそのような事態を生むことは考えられる。

従業員の行動をデータ化

しかし、悪い方面だけではなく、例えば大型のスーパーなどでは適切に人を配置しなければならないから、忙しい売り場の人間がそのデバイスのボタンを押すと最も近い所にいて、かつ忙しなくは動いていない(つまり忙しくはない人間)に通知がいってすぐに手助けできるというような使い方も可能である。行動を最適化することは可能になるだろう。

外回りの営業の人間が手を抜いてカフェでぼーっとしていることもなくなるし、パトロールなんかだったら常に全ての位置に人を配置する状態を保つことも可能だ。これがスマートフォンでやろうとすると、1分を争うケースではスマートフォンを出している時間がもったいないウェアラブルデバイスだからこそできる領域なのである。

スマートウォッチはビジネス用?

そう考えるとスマートウォッチはビジネス用に会社が支給するものとして開発した方が利用価値があるかもしれない。そういった1分刻みの行動においてウェアラブルデバイスが適切な指示をしてくれることは非常に大きなメリットがある。防犯などの事業については特に大きな力を発揮するのではないだろうか。(未だに無線を使って音声のみのやり取りというのは非常に古典的である。)

twitter-apple-watch-3
AppleWatchの反応をまとめた記事の続きで、 そのとるべき方向性と可能性について考察してみました。 http://kigyo-ka.com/00088/ ... 続きを読む
-
起業家.com

この記事で扱ったApple Watchについては残念ながら高価な路線のため、会社支給で使われる可能性はあまり見えてこない。その他のスマートフォンなどでは出遅れたメーカーがこうしたニーズを察知してビジネスシーンに普及するのではないだろうか。

ウェアラブルデバイスは確実に普及する

ウェアラブルデバイスが確実に普及するということは本誌でも自信を持ってお伝えすることが出来る。スマートフォンでも取り出すのがめんどくさいということが今後出てくるのは間違いないからだ。特に地図アプリなんかはスマホ片手に歩き回るよりは腕時計に地図が表記されている方がいいに決まっている。

その1つの切り口がビジネスシーンなのかもしれない。
特に小売店、セキュリティ業界などでは導入を強くおすすめする次第である。