AKB運営会社が申告漏れ、国税からの指摘受ける


AKB48グループの運営会社である株式会社AKSに5億円の申告漏れが、
発覚したようだ。原因は経費が認められなかったことにあるようだが。

AKB運営会社『AKS』に5億円の申告漏れ

 人気アイドルグループAKB48の運営会社「AKS」(東京)が東京国税局の税務調査を受け、2014年11月期までの3年間で約5億円の申告漏れを指摘された。このうち約4億円については、同社が立て替えてきたメンバーの家賃や旅行代などの経費計上が認められなかったという。

出典 http://www.asahi.com/

国民的人気グループのAKB48グループの運営会社である『AKS』が税務調査により5億円の申告漏れを指摘される。主にメンバーの家賃を経費扱いとして会社が立て替えていたものが認められなかった結果だという。

AKBメンバーは社員ではなく個人事業主

今回の申告漏れで大事なのは、AKBメンバーが社員ではなく、個人事業主であるということ。メンバーはAKSと雇用契約を結んではおらず、おそらくマネジメント契約を結んでいる(芸能活動や肖像権について会社に帰属する契約)と思われる。AKSのみならず所属事務所とも契約を結んでいるため、もう少し複雑な形態になっているだろうがここで肝心なのはAKBメンバーが社員ではないことである。

社員ではないため、事業主契約であり、AKBメンバーの行う業務の全てをAKSがサポートする代わりにその対価はAKSに属し、分配するという形になっている。そのため、メンバーの家賃をAKSが負担することはできない。社員ならば社宅という形で事務所が借りることができるが、個人事業主のためそうもいかない。中にはメンバーの家族の家賃まで負担していたようなので経費の域を超えていることは明らかであろう。

AS20150831003712_comm
出典 http://www.asahi.com/

今回の申告漏れはこのような形になっており、メンバーの家賃が経費として認められなかった形になっている。

芸能界のずさんな知識

LDH_logo
あのダンスボーカルユニットEXILEの事務所として知られるLDH。 ただの芸能事務所のレベルを超えたその驚愕の決算に驚きの声が上がる。 LDHの決算に驚きの声が上 ... 続きを読む
-
起業家.com

この記事で紹介したEXILEも実は以前申告漏れで追徴課税を言い渡されている。芸能界というと煌びやかなイメージが強いが、実は時間にルーズであったり花形だからこそのゆるさも存在する。そのわりには上下関係や権力差などが激しく良くも悪くも古臭い部分も存在する。IT化に依然として対応できていないのも特徴である。

そういった文化も関係して経営面の知識には少し弱いのではないだろうか。メンバーの家族の家賃も会社が負担していたというから、あまりに杜撰ともいえる税処理である。こういった事件がまだまだ出てきそうな予感を感じさせる。