世界最速で成長するシャオミが動画コンテンツ参入


世界最速の勢いで成長を遂げたシャオミ。
そのさらなる戦略は世界中から注目を浴びている。

パクリと揶揄されながらも世界最速の成長スピード

http://kigyo-ka.com/00072/

パクリ大国中国の最高傑作と称されるシャオミ。その時価総額は日本円にして5兆円ほどである。
これはおよそソニーの2倍にあたる。シャオミは創設からおよそ5年と2ヶ月ちょっとしか経っておらず、このスピードは間違いなく世界で最速であろう。

シャオミが動画配信サイトを発表

そのシャオミが動画配信サイトの結成を発表した。
驚くべきなのはその投資額と規模であり、10億ドル(およそ1200億円)のお金をかけ、100社以上の動画配信サイトと手を組むことによって動画配信サイトを結成した。

大手ポータルサイト「新浪網」のコンテンツ編集長だった陳彤氏が、シャオミのコンテンツ運営・投資担当の副総裁に就任したのが半年前。雷軍CEOは新加入の陳氏に10億ドルの資金を任せることを約束した。そして6月10日、シャオミはテレビ部門のコンテンツとシャオミ・ルーター事業において初めての「成績」発表を行った。

出典 https://newspicks.com/

シャオミは大手ポータルサイトの編集長を招聘し、10億ドルの資金を与えた。
その結果として生まれたのがこの動画配信サイトである。

コンテンツ制作者を押さえることによって市場を獲得

今回の100社にわたる動画配信サイトとの提携によってシャオミは市場の85%ものシェアを獲得したと言われている。ほぼ全てのコンテンツを押さえることに成功したということである。
シャオミは元来スマートフォンの販売会社であるから、ハードも押さえ動画というコンテンツも押さえることによって共にシナジーを生もうとしているということであろう。

http://kigyo-ka.com/00157/

この記事でも紹介したが、Appleは音楽のストリーミングサービスに力を入れているが、シャオミはそれよりもさらに大きな動画というコンテンツに対して参入するということである。より大きなリスクをとってプラットフォームを押さえにいくのだろう。また、動画サービスのヒットはハード側のスペックに大きく依存するために、その点も注目される。

シャオミが世界一の企業になる?

シャオミはパクりとよく言われるが、Appleの製品に似たものを8割程度のスペックで5,6割の値段で提供している。このコストパフォーマンスの高さゆえに中国ではヒットしている。Apple製品はそのブランド力ゆえに高い価格を維持していたがこうした価格破壊者によって市場が荒れる可能性がある。

同様にして今回の動画配信サイトでもいち早く市場をとりにいったことで、シャオミが世界一の企業になる可能性も十分あるだろう。