憧れの地六本木ヒルズ


http://kigyo-ka.com/00256/

ついに華々しく六本木ヒルズにオフィス移転しました。
急激な環境の変化に変わる周りの対応、ぐっと増す法人からの信頼。六本木ヒルズの恩恵は非常に大きなものがあります。

学生起業家のポリシー

何はともあれ、19歳にして六本木ヒルズにオフィスを構える経営者という肩書きが私にはつきました。実態がはたしてどれほどのものなのかというと、しょせん大学に入ってお金を稼ぐということを始めて1年も経っていませんから、経営の知識は全くなく、あくまでは自分の仕事だけはそれなりにきちっとこなせるというだけのレベルでした。

とはいうものの、本業としている受託制作はあくまで好調でした。優秀なエンジニアを揃えているので当たり前と言えば当たり前ですが、仕事は常に確実にこなしていました。納期を破ったことはなかったように思えます。学生の方からしたらあまり想像がつかないのかもしれないですが、意外と企業というのはいい加減です。大手の会社でも納期をあまり守らないところはたくさんあります。

それでも、我が社は徹底して納期を守っていました。これは私自身が今でも徹底しているルールです。たとえ他がいい加減であろうとも自分たちは何にも流されず守るべきルールは守り続けるということです。
これが、意外と難しいもので、仕事をいくつも請けていると納期がどう考えても間に合わなそうになる状況というのは生まれてきます。そういった時に関しては何日も徹夜で作業をしていました。そこは若さでカバーできる部分だったのかなと思っています。

憧れのヒルズ生活

ところで、私は憧れの六本木ヒルズにオフィスを移したわけですが、当然ながら業務内容はオフィスが移転しようが変わることはありません。依然として受託制作をし続ける日々です。そして私の実力も変わることはありません、当然ですオフィスを移転しただけですから。しかしながら、世間の目やクライアントの目が変わります。私が会社を作ったときには『10代で起業なんて聞いたことがないうまくいくわけがない』と言っていた社会人も『え、今ヒルズにいるの?すごね今度お茶しようよ』という風に急にすり寄ってくるわけです。

そんなものです。世の中の人間というのはびっくりするほど肩書きでしか人の能力を評価できないのだなと気付きました。私も多少は成長したでしょうが、根本はセールスをやっていた時代に培ったものですから、その時点からはそう変わっていません。ところが、六本木ヒルズという肩書がつくと急に能力を高く評価するわけです。要するに評価するだけの能力がないから彼らは肩書きばかり見るのでしょう。ある意味仕方のないことです。

六本木ヒルズと言えば、Googleやゴールドマンサックスという名の知れた超一流企業の日本法人がオフィスを構えています。そうした名だたる企業の人とすぐ近くで働いているというのは非常にモチベーションになります。それに、エレベーターなどで隣にその社員がいるものですからついに自分はここまできたのかと調子に乗っていたものです。

六本木ヒルズの恩恵

それまではというもののただの10代のガキの経営するよく分からないITベンチャーというのが我々の評価だったわけですが、それによる苦労も当然ありました。やはり学生であるというのは基本的に有利になることはありません。『大丈夫かな?』と思われることの方が多いわけです。ところが、それが六本木ヒルズにいるとなると周りの評価は違ってきます。

おかげさまで仕事を受注するのには困らなくなりました。同時に、それほどまでに六本木ヒルズというものの力を実感させられることになりました。良く考えれば当然の話です。ただのガキんちょのやっている会社でしかも業種は自分たちにはよく分からないITなわけですから、正しい判断をすることは非常に難しいわけです。その中で、オフィスがしっかりしたところにあるというのは、『あ、ちゃんとした経営状況なんだな』と安心できる材料の一つになります。

そういった効果がありますから、学生起業するのであれば少し無理をしてでもいいところにオフィスを構えるというのは信頼を得るためには非常に大きな効果があります。信頼を得るというのは長い間会社を経営していくうえで非常に大事なものです。当時に、そのようなただの肩書きですり寄ってくる社会人はその程度の頭しかない人間なわけですから、関係を断ち切る勇気も必要です。

オフィスの限界

とはいえ、六本木ヒルズは何にでも聞く万能薬なわけではありません。六本木ヒルズにいたって会社の問題は問題です。だからといって解決されるほどに単純な話ではありません。我が社はその後問題に苦しむことになります。ここで私は勢いを持ってスタートした学生起業はどこかで必ずその勢いが緩やかになる時期があるのだと感じました。

ベンチャーにはベンチャーマジックとも言われるような始めたてだからこそ様々な問題が見えなくなるほどに頑張れる時があります。そのマジックも我々のこの時期には切れかけだったのかもしれません。そんな事態について次回はお伝えします。